Amazonギフト券とは?何に使えてどんな種類があるの?どうやって買うの?などの疑問を徹底解決

Amazon ギフト券とは

アマゾンギフト券とは

アマゾンギフト券とはAmazonが発行しているAmazon内のショッピングに使用できる電子ギフト券となります。

主にプレゼントとしてして使用され、

  • 「どんなプレゼントをしていいか分からない」
  • 「使わない物を送っても迷惑ではないか」

そんな時にアマゾンギフト券をプレゼントすればAmazon内でギフト券を使った決済ができるので、もらった人は自分の好きな物を購入できます。

それは贅沢品に限らず生活必需品でも構いません。

Amazonの豊富な品揃えは言うまでもなく沢山の人に利用されています。

Amazonの品揃えや利用者の増加からアマゾンギフト券の需要も急速に伸びています。

今回はそんなアマゾンギフト券について解説していきます。

アマゾンギフト券のメリット(プレゼント)

Amazonでほぼ全ての商品に利用可能

アマゾンギフト券は、Amazon掲載の商品はほぼ全てに利用可能です。

プレゼントは実際に欲しかったもの、実用性のある物の方が喜ばれます。

アマゾンギフト券はそんな需要に答えた物といえます。

現金を渡すといやらしくなってしまいますが、アマゾンギフト券であればAmazon内で買い物ができるので現金と同価値の物と言えるでしょう。

ギフト券の額面以上の商品は購入できませんが、額面分を割引する形でも使用できるので、商品選びもしやすいですし使い切ることが可能です。

デジタルタイプならいつでもどこでもプレゼント

アマゾンギフト券には様々な種類があります。(後延べします)

その中でデジタルタイプはAmazonのアプリやウェブからいつでも購入ができます。

相手のメールアドレスなどにAmazonから直接送信も出来るので発送したりと渡す手間も省けます。

有効期限

アマゾンギフト券は当初、3年という短い有効期限でしたが、近年有効期限が10年になり、より、使用しやすいようになりました。10年あれば使いきれないということもないでしょう。

プレゼントに最適なおしゃれなラッピング

アマゾンギフト券は、タイプ毎により様々なラッピングを無料で行うことができます。

デジタルタイプの中のEメールタイプではメールのデザインが変更できます。

印刷タイプでは絵柄を誕生日やクリスマス仕様に変更できプレゼントに最適です。

また配送タイプの中の商品券タイプでは商品券にのし紙をつけて高級感を演出したり、ボックスタイプのデザインも用途に合わせたデザインが豊富に揃っています。

誕生日やクリスマス以外にもお祝い事で利用しやすくなっています。

アマゾンギフト券のメリット(自分で使用する場合)

アマゾンギフト券は人にプレゼントするだけでなく、自分でも使用するメリットもあります。

コンビニやATMでの購入が可能なので、クレジットカードを持っていない人には決済手段として使用することができます。

全国どこのコンビニ、ATMでも購入が可能になっているので好きな時に購入することができます。

アマゾンギフト券の種類

アマゾンギフト券は現在様々な種類が存在しており、その種類と使用用途を理解しましょう。

カードタイプ

コンビニなどで販売されている実際にカードの形をしたタイプです。

アプリやネットでの注文も可能ですが、主に現金を使用したい人がコンビニで購入するケースが多いです。

デジタルタイプ

アプリやウェブ上で購入が可能なタイプです。

デジタルタイプは下記の三つに分類されるので一つずつ紹介します。

Eメールタイプ

Eメールタイプは、Eメールにギフトコードを添付して送信できるAmazonギフト券です。

Eメール以外に携帯のテキストメッセージで送れる点でも便利です。

デザインのタイプは101種類の中から無料で選択でき、誕生日デザインやクリスマスデザインなどがあるのでプレゼントにも利用しやすくなっています。

くわえて、15円〜50万円と自由に価格を設定できるので、誕生日や記念日などの日にちにあわせて金額分を購入することも可能です。

印刷タイプ

印刷タイプは購入後印刷して手渡しできるアマゾンギフト券です。

Webやアプリから購入するとPDF形式のギフト券リンクが送付されるので、リンクからダウンロード・印刷して利用します。

展開サイズはA4サイズのみで、15円〜50万円と自由に価格を設定できます。

デザインも全部で51種類あるので、用途に合わせて選べるようになっています。

チャージタイプ

チャージタイプはギフト券残高に直接入金するアマゾンギフト券です。

自分のAmazonアカウントに直接好きな金額をチャージできます。

1度に5,000円以上をチャージすればポイント還元される特徴があります。

一定金額を下回った際に自動でチャージするオートチャージ機能もあるので、自分用としてアマゾンギフト券を利用するのにおすすめです。

よりギフト(贈り物)としてプレゼントしたい、という場合にも対応したタイプが存在します。

配送タイプ

配送対応は以下の5つに分類されるので一つずつ紹介していきます。

商品券タイプ

商品券タイプは金券デザインのAmazonギフト券です。一般的な商品券のような見た目なので、贈り

物やプレゼントに利用しやすいでしょう。裏面に記載されているギフト券番号をアプリやWebから入力して利用できます。

金額は500円〜50,000円まで指定可能で、デザインが選べる封筒が無料で付属している点でもおすすめです。

ボックスタイプ

ボックスタイプは箱や缶に入った贈り物に最適なAmazonギフト券です。

紙状の箱や金属の缶にAmazonギフト券が入っていて、カップケーキなどのかわいらしいデザインから、シンプルでフォーマルなデザインまであります。

プレゼントとして利用しやすいでしょう。

金額は5,000円〜50,000円で指定でき、すべてのデザインが無料で選べる点でもおすすめです。

封筒タイプ

封筒タイプは、さまざまなデザインから選べる封筒に入ったAmazonギフト券です。

封筒タイプには通常タイプとミニサイズの2種類があり、それぞれ選べるデザインが異なるので用途によって購入しやすくなっています。

ミニサイズは1,000円〜50,000円、通常サイズは3,000円〜50,000円でそれぞれ金額が指定できます。

蝶結びのしからシンプルなデザインまであるので、ビジネスフォーマルな贈り物にもおすすめです。

グリーティングカードタイプ

グリーティングカードタイプは見開きデザインのAmazonギフト券です。1,000円〜5,000円で金額指定ができ、デザインは全部で28種類あります。

カラフルなデザインやかわいらしいデザインが多いので、友達への誕生日プレゼントや子供向けのプレゼントに最適です。

マルチパック

マルチパックは10枚組のAmazonギフト券です。

カードタイプとグリーティングカードタイプがあるので、大人数に渡すプレゼント用として最適です。

1枚あたりの金額は5,000円〜50,000円で指定でき、購入時にギフト指定をすることで追加のギフトラッピングも可能となっています。

アマゾンギフト券の買い方

それぞれタイプ別にアマゾンギフト券の買い方について紹介します

カードタイプは全国のコンビニ、スーパーなどで購入可能です。

レジ横に様々な電子ギフト券が陳列されているのを見たことがあるのではないでしょうか。

実際にレジに持っていき代金を支払った後に使用することができます。

購入金額は3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、バリアブル(1,500~50,000円の間で1円単位で金額を指定可能)

このカード対応の使用方法はカード裏面にあるアルファベットと数字のコードをAmazonのアカウント内に登録することにより使用できます。

  1. Amazonホーム画面のタブにある「ギフト券」をタップ
  2. ギフト券をアカウントに登録をタップ
  3. ギフト券登録をタップ
  4. ギフト券裏側のコードを入力しアカウントに登録を押せば完了

その他デジタルタイプのアマゾンギフト券はウェブまたはアプリでの購入になります。

サイト内での操作方法を簡単に紹介します。

  1. Amazonホーム画面のタブにある「ギフト券」をタップ
  2. 購入するギフト券のタイプを選択
  3. デザイン、金額宛先などの入力をして決済をすれば購入完了

アマゾンギフト券をお得に買う方法

アマゾンギフト券はタイミングによってお得な買い方ができる場合もあります。

ポイントを貯めたりすることもできるので確認しましょう。

5000円以上のギフト券を現金で購入

アマゾンギフト券のチャージタイプを一度に5000円以上現金で購入すると、購入額に応じて最大2.5%のAmazonポイントがもらえます。

ポイントはAmazon内のショッピングの際、利用できます。

各種キャンペーンを利用する

利用する時期で開催されているキャンペーンによって内容は異なります。

何らかの形でAmazonギフト券をお得に購入できるキャンペーンは、一年を通して実施されています。

このキャンペーンを利用することでお得にギフト券を購入可能です。

携帯決済はできないのか?

キャリア決済と言われる携帯代金として一緒に精算出来る決済サービスですが、2017年頃まではアマゾンギフト券も購入ができていました。

アマゾンギフト券を使用し、決済枠の現金化が問題となり、本来の使用用途からはずれたため今では使用できなくなっております。

アマゾンギフト券の買取や現金化は違法なの?

世間ではAmazonギフト券の売買や換金・現金化がなされていますが、違法ではないかと心配の方もいますよね。

アマゾンギフト券以外にも様々な電子ギフト券の売買が可能なサイトが存在します。

その様なサイトではギフト券額面の80%程度の金額で購入することが可能になります。

コンビニなど公式サイト内で購入するより大分お得な買い方です。

しかし、Amazon公式サイトで確認したところ、「Amazon ギフト券のご購入に関する注意」というページがありました。

そこでは、売られているギフト券が不正取得されたものだったり、詐欺・トラブルに遭ったりする可能性もあるので、買うにせよ売るにせよ利用しないようにとのことです。

もしそういったサイトでギフト券を入手しても、規約により予告なく凍結される可能性があります。

おトクに買い物するつもりが大損する危険性もあるので、Amazon公式のキャンペーンを利用するほうが良さそうです。

アマゾンギフト券が使えない?原因を確かめる方法

人から貰った、自分で購入したアマゾンギフト券が使えない、登録できない、そんな時は以下の項目をもう一度確かめて見てください。

案外単純なミスであったりもしますので一度落ち着いて確認しましょう。

有効期限が過ぎていないか

2017年4月24日以降に発行されたギフト券は有効期限が10年と長いですが、それ以前のものは1~3年しかありません。

自分で注文したものなら『Amazon』の履歴からいつ買ったのかわかるので確認してみてください。

プレゼントでもらったカードだと有効期限がわからない(カードに記載はない)ため、くれた相手に問い合わせるなどして確認する必要があります。

入力間違いをしていないか

一番多い原因はこちらです。単純に入力ミスがないか今一度確認してみてください。

入力ミスの中でも一番多いのが以下の項目です

  • 0(ゼロ)O(オー)
  • 1(イチ)l (小文字のエル)
  • 6・8・9(印刷のかすれなど)
  • Bと8

使用済みのギフト券ではないか

コードを入力した際に「登録済みです」と表示された場合、過去にそのギフト券を使っていないでしょうか。

複数のカードを入力していると、間違えて入力済みのカードをもう1度使おうとしてしまうケースもあり得ます。

また既に登録できているケースなどもあります。

一度アカウント内の残高を確認してみるのもいいでしょう。

他人から貰ったものなら、その人が使ってしまった可能性はないでしょうか。

見知らぬ人と売買したのであれば、悪意の有無はともかく使用済みギフト券を渡された可能性もあるでしょう。

以上を確認しても原因が見つからない場合は、Amazonの公式サポートへと問い合わせてみましょう。

メールや電話、チャットなどで対応されています。

まとめ

アマゾンギフト券はプレゼントに適したギフト券です。

大切な人へのプレゼントはせっかくなら喜んで欲しいですし、有意義に使って欲しい物です。

そんな時アマゾンギフト券を選んでみてください。

また自分で使用するにも色々な使い道があります。

クレジットを持っていない場合などネットショッピングはしづらいですよね。

アマゾンなら贅沢品から生活必需品まで好きなものを好きな時に購入できます。

そんな使い道に長けたアマゾンギフト券を利用してみてください。

コメント